リレー小説~六大学~

確かにそこには翔一の姿はあった。
輝いて見える翔一はいつもの5倍ほどカッコよく見えて、まるで狩野英考のようだった。
その姿を見るや、目がしぱしぱするほど輝いて、目がしぱしぱした。
と思いきや、目にゴミが入ったみたい。
目が非常に痛い。痛くて我慢できっこない。だからとっさに目薬をさしたよ。

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。