甘くない

『大人になる』という表現。実に曖昧だ。大人と子供は、はっきり別れるようで別れない。
はっきりさせる方法もある。『童貞か非童貞か』『成人か未成年か』『既婚か未婚か』。どれも今一つ。
俺は俺なりの分け方を持ってます。『分かるか分からないか』です。
AKBって流行ってる。俺は全然興味ないんだけど、でも可愛い女の子がきゃぴきゃぴしてるのは見てて楽しいからファンも多いんだろうね。
ヒップホップの音楽も全然興味ないんだけど、でもあの軽いノリと手垢付いても心地よいレトリックなんか聴いてて楽しいんだろうね。
そういう、『別に俺は好きじゃない』ってものにも良さがあって、俺は重きを置かない点だけど、それが好きな人もいるんだよね!って分かること。
これが大人なんじゃないかと思う。自分が好きじゃないからって排除しない、とでも言い換えようか。
俺はAKBみたいに子供みたいな可愛さの女の子よりも、栗山千明みたいな美しいお姉さんみたいな女の人が好きだし。
俺はヒップホップみたいな歌と喋りのハイブリッドよりも、ビートルズの典型的王道ロックンロール教科書みたいな音楽が好き。
だけど。
興味ないからって、取るに足らないものだ、みたいに扱わない。いろいろなものの考え方ができて、いろいろなものの良さが分かることが『大人』だとおもうから。
『君はたまたま興味無いかもしれないけど、それを好きな人だって世の中にはいるんだよ(>_<)気安く否定したらそれを好きな人が可哀想!』
とか、そういうんじゃなくね。
頑なに『わしゃ興味ないんじゃ、そんなもんくだらん!!』って態度は大人じゃないと思うのです。
嗜好があって構わない。けれど一応関心ない分野も何がいいのか、それは知ってる。
これが俺の思う大人だね。

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。