▼煙草は動くアクセサリー

“I hate smoke!”
僕は喫煙に対して否定的な意見を持つ人間の一人である。今日、議論したいのは繁華街、住宅街、その他諸々の公共の場における歩きタバコの現状とその被害だ。と言うのは嘘で議論なんてしたいとは、1cmほども1mmほども1Åほども思ってない。BOФWYの魅力についてなら議論する価値あるけど。
歩きタバコは迷惑です。見ているだけでイライラします。歩きタバコをする人は、その場に居合わせた人間に多量の有害物質を強制吸引させているという事実を理解していながらそれを辞めないからタチが悪い。
タールを始めとする煙草の副流煙には、主流煙よりはるかに含んでいる有害物質の量が多いと言う。なんでも主流煙はフィルターを通過してより害の少ない酸性になっているそうだが、それに対し副流煙は毒そのもののアルカリ性。人体の粘膜と激しく反応して、炎症や刺激感を強く生じる。また副流煙に含まれる有害物質の多くは発癌性も供えた悪の権化のような化学物質なのだ。
どうして有害で依存性の強い怪しげな薬品の筒は合法で、覚醒剤は違法なんでしょう。のりぴー捕まえるノリで喫煙者をいっそのこと一掃してやれよ。のりぴーはイッちゃってサイバーになっても周りの人間を癌にしたりしない。覚醒剤よりむしろ煙草のほうが悪質な薬物であるはず。覚醒剤を常習的に吸引してたのりぴーだって”お薬シラフ”状態なら普通だよ。
我々は小さい頃から『薬物に手を出しちゃダメよ』とか『煙草は二十歳になってからよ』とか言われ続けたせいで、知らず知らずのうちに深層心理に覚醒剤→×、煙草→〇という意識を刷り込まれ、完全に洗脳されている。だが冷静に自分の頭を使って考えてみれば、煙草だって違法薬物に指定されても全然不思議じゃないほど悪質で有害で迷惑です。
…と、だらだらとここまで結局議論してしまいましたが、ここからが本題。というか日記。
大学のコートでテニスをした帰り道、歩きタバコをする中年男性を発見。こいつの後を追って歩いていたら副流煙をどんだけ吸ってしまうか分かったもんじゃない。てかもう随分食らってる。明らかに都の条例を無視した違反行為であり、悪いのは一方的にあいつのほう。でも彼はどんな制裁も受けずにのうのうとたばこを吸って、さらにはポイ捨てもする。対して俺は何の非も無いのに、帰宅というシンプルな行動の中で発癌物質を吸わされている。
おかしい。どう考えてもおかしい。理不尽かつ不条理。善良な市民が損をするような世の中であっていいものか。
復讐だ
と思うが早いか俺は、前を歩く非常識なクソ親父の汚い口吻に接していたという事実も忘れて、まるで無かったことのように捨て去られた煙草を拾い上げた。
『踏みつけて火を消すならまだしも、燃えっぱなしで放置とは許せん!』
そう叫んだ声を聞いて勢い良く振り返った醜いジャンキーの目玉に向かって、俺は煙草の火を突き付けた。
『ぎゃあああああああああああああああああ!目が、目がぁあああ!』







ルーケッタは 怪煙魔獣ニコチタールをたおした!
ルーケッタは 1990G手に入れた!
ルーケッタは 25レベルにあがった!
6Pのスキルポイントを獲得!
喫煙:68 → 74
ルーケッタの 喫煙スキルがあがった!
ルーケッタは カートン吸い をおぼえた!
怪煙魔獣ニコチタールは 宝箱をおとした!
ルーケッタは オシャレなライター を手に入れた!
(2009/08/21)

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。