つのばく(仮)

こんなのを描いた。小学生のときに。

原作

つのばく。さて、これをリメイクしようかと思うときに、大変困ったことがある。リメイクするにも要素が少なすぎて、何もこれ以上変えられないと言う問題だ。 むりやり描き直してみても、せいぜいこんな風にしかならない。

変わった…?

これじゃ意味が無い。かといって、リメイクしないのは何とも言えない歯がゆさが残る。まぁ小学生のときに作ったモンスター(100匹くらいいる!)を、全部リメイクしようとは思ってないけどさ。

でもつのばくをリメイクしないでほっとくのはだめだ!リメイクする!と思って、かなり強引に描くべき特徴的な要素を追加して、描きなおしました!でも色塗りがいつもと違うから、これは(仮)となります。

リメイク

全然違うでしょww でも、睨んだ目、鋭い2本の牙(下あごにも勝手に生やしたけど)、額の1本の角、丸顔、といった原作にある特徴は正確に継承してるつもり。 強引に追加した描くべき特徴的な要素としては、全身(顔しかないけど…)にウロコを生やして、尻尾を3本追加して、尻尾の間に膜を張って、ひれのように泳げそうにしてみた。って点かな。あと口の開き方は蛇っぽくしてみた。

うーん、全然つのばくじゃない。でも最近思うのは、絵って描き込みが多いほど(とりあえず一目見て)迫力あるものに仕上がるって事。だから適当でもウロコ生やしてみると、なんか竜っぽくてかっこつく。

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。