【信じる】とは何か

最終更新日

「信じる」とは,「思案」を捨て「安堵」を得ること.

しんじる
この絵がすべて

辞書的な説明では...

手始めに大辞林 第三版の説明を引用しようか.面倒くさいから用例は省略.

大辞林 第三版の解説
しんずる【信ずる】 [動サ変] [文]しん・ず[サ変]
1 疑わずに本当だと思い込む。心の中に強く思い込む。
2 疑うことなく,たよりとする。信頼する。
3 神仏などをあがめ尊び,身をまかせる。信仰する。

信ずる(シンズル)とは -コトバンク

「信じる」は「疑う」の対義語だから,そのような説明がなされてる感じだね.でも説明の方法が「信じるとは,疑わないことです」みたいなのって,説明になってないよね.だって「疑う」を知ってる人は,「信じる」も分かるじゃん.「疑う」を知らない人が聞いても理解できるような説明じゃないなら,それは完全じゃない.

概念を外側から規定する,とでも言おうかな.「疑う」と「信じる」は概念としては同じグループに属しているから,それらを使って説明することは循環論法になってしまう.だってこの説明のまま行けば「じゃあ疑うって何?」「疑うってのは,信じないってことですよ」となってしまう.これじゃ知らない人には全然伝わらないよ.

思案を捨てる

例をひとつ考えよう.今日,試験本番を迎えた友達が,試験に合格するかどうかを考える場面.

  • 彼は今日までの半年間,毎日12時間も勉強し,頑張った.模試でも合格圏内の点数を平均的に獲得してる.そして今日は朝からウンコももりもり出て,すこぶる体調もいい.コーヒーを飲んで出かけたから試験中に眠くなるなどのハプニングも予防してある.だから彼はきっと合格する!
  • 大丈夫!彼は合格するよ!信じてる!

この2つは明らかに違うね.前者は根拠を羅列して,理論的に彼が合格する確かさを測ってる.後者は,あれこれ思案するのではなく,もう何かを決めつけてしまっているね.

これが定義の一つ目,「思案を捨てる」ということ.信じたい内容の確かさを,誰も保証しれくれない.理論的に説明できそうなのに,思考停止してしまう.これは「信じる」のデメリット.誰かにその確かさを説明したりはできないね.ひとりよがりだ.

安堵を得る

定義の2つ目「安堵を得る」とは何を指しているのか.これも具体例で見てみよう.

  • 彼の他には,今日までの1年間毎日13時間勉強してきた猛者がいるかもしれない.模試での平均点が彼より高得点の人がいるかもしれない.朝の体調は良かったけど,途中から頭痛に苛まれるかもしれない.眠気以外のハプニングには対策してない!どうしよう!
  • 大丈夫!彼は合格するよ!信じてる!

理論的に思考すれば,必ずそれを否定するアイデアもすぐに思いつく.理論的に攻めても,それを否定できちゃうんだ.でも「信じる」なら大丈夫.なぜなら「思案」を捨ててるから,彼が不合格になる未来に思い至らないんだ.考えないことによって,「安堵」を得ることができる.これが「信じる」ことのメリットだね.

他にも例は挙げられる!

宗教を信じるのは,どういうことか.「絶対的な指導者の存在」を信じることで,「自分はどのように振る舞えば幸せか?宇宙の法則はどうなっているのか?」などの思案を捨て去ってしまう.その代わりに「私は必ず救われるんだ.なぜなら絶対的な指導者に従っているから」という安堵を得るんだね.

友人を信じるのも同じだ.「彼ならきっと貸した金を返してくれる」と信じることによって,「返してもらうためにはいつどこで催促したらいいだろう.もしも返してもらえなかったら,彼にどのように穴埋めしてもらおう」などと考えることを放棄する代わりに,「彼ならきっと返してくれる.考えるのはやめて,買い物にでも行こうかな」などと,安心感を得ることができる.

いつでも同じ.「信じる」ということは,ギブアンドテイク.交換なんです.「思案」と「安堵」を交換しているわけです.これで分かったかな?

オマケ:概念を外側から説明しよう

さて,概念を,その外側から説明するのは,その概念を絶対化して理解することにつながる.辞書ではそうしていたけど,「信じる」を「疑う」との比較で理解しているうちは,まだその理解は相対的.絶対的な理解のためには,その概念を外側から説明してやることが欠かせないね.

例えばよく言われるのは「『右』を説明するのは難しい」ということ.ここでWikipedia「左右」記事の「左右の定義と宇宙人」項の情報を見やすく編集して掲載しよう.

table
左右 -Wikipedia

設問は「重力の方向を下,その反対を上と決めます.それに直交する軸をとって,一方を前,反対を後ろと決めます.その時,もうひとつの直交軸に関して,どちらが右であるかを,論理のみによって,説明できるか?」ということ.概念を外側から規定しようとしてる.決して「左」の概念を用いずに説明しようと試みてる.そうじゃなきゃ!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。