Ubuntuのフォントの一括インストールコマンド

フォントをインストールしよう.

Ubuntuのフォントの一括インストールコマンド

別にUbuntuじゃなくても効くと思うけど,僕はUbuntuを使ってるので.

sudo find . -type f -name "*.ttf" -exec mv {} /usr/local/share/fonts/ \;

Ubuntuのフォントのインストールディレクトリはいくつかあるけど,僕がいつも使ってるのは /usr/local/share/fonts/ です.ここに入れておくメリットは何かあるのかな?特に理由はありません…

(追記)

実はよく分かってなかったけど, Ubuntu を使ってるなら,自分でインストールしたフォントを ~/.fonts もしくは ~/.local/share/fonts にインストールしたほうが良い気がする.下の記事を見掛けた.

Linux を含む Unix 系 OS は「ホームディレクトリ」という概念があって OS の領域と分離されていますが、ユーザ辞書からアプリケーションごとの設定情報まで全てここに格納されているので、OS をアップデートするときはもちろん、別のパソコンに環境を移行するときも PC を LAN に接続してホームディレクトリをまるごと rsync するだけでちゃんと引き継がれます。

妻のパソコンを Windows 7 から Windows 10 にアップグレードしたら使いにくいとキレられたので Linux にした件 | IIJ Engineers Blog

この文章の意味するところは,「あなたのお好みにLinuxをカスタマイズできます.そしてそのカスタマイズは全て ~/ 以下に保存されてるので, ~/ 以下をコピーすれば同じ環境を再現できます」と言ってる気がする.なのに僕はフォントを ~/ より手前の /usr/local/share/fonts/ に入れてるね.

これがどれくらい不便なのか分かってないけど,これからは ~/.fonts もしくは ~/.local/share/fonts にインストールしようかな.

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。