受験の果てにあるもの

ハンジローで買いたての、不思議系お洒落的なプリントを胸にも背にもいっぱいに施した、薄っぺらくて春意識のTシャツを余さず肌に着こなし、
お気に入りのスリムでまばゆい、だいだい色のこれまたおNewの革ジャンをワイルドにまとい、
くたびれたドス黄緑のカーゴパンツの右ポッケに、わざと半分見せながら長財布を差し込み、
明るいピンク色とアクセントの黒のチェックがよく映えるバンズのスニーカーを履き、軽快に街のアスファルトを踏み締めて、
ノースフェイスの真っ赤な鞄を、紐を最低限の長さに絞り、位置は丸々腰よりも上に据えて、
耳にしたiPodで尾崎豊の声を聴く。
これぞ幸せ。

受験の果てにあるもの” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。