米軍用な立地だ

俺、大学受験の勉強をしてた頃は数学が好きだったのね。なんで好きかを説明するのは難しいし、むしろ説明するほどに益々分かってもらえなくなると思うんだけど(笑)
最近は物理が好き。物理って言っても裾野は広いんだろうけど、高校の頃に思ってた物理像と近い感じの物理ね。何言ってんだ俺?
とりあえず物理だか数学だか(素人から見たらアルファベットと記号ばっかりで英語の勉強にすら見えるかも??w)分かんないような、式の計算をガリガリやってくやつ。
数学って結局何を言ってるのか分かんなかったりするんだよね。それは単に俺が着いていけてないだけなんだけどさ。物理は何言ってるのか分かるんだよね。
エッシャーの有名な騙し絵で、永久に昇り続けられる階段の絵あるじゃん?上へ上へと階段を昇ってたら、一周したときにさっきと同じ場所に戻って来ちゃって、結局永久に昇っちゃう階段の絵。
もちろんあんなのは現実にはありえないよね。上へ上へと階段を昇ってたら、同じ場所には決して戻らない。螺旋階段は似てるけど、エッシャーの騙し絵とは『同じ場所をぐるぐる回らない』って点で、決定的に違う。
螺旋階段を昇ったら、(真上から見て)同じ場所に戻るけど、でもそれは違う高さの場所だもんね。真横から見たら同じ場所に戻って来てないことがわかる。
エッシャーの騙し絵は昇ったにもかかわらず、正真正銘さっきと全く同じ場所に戻っちゃう。昇ってたはずなのに、高さすら変わらないんだから、やっぱり現実にはありえないわけだ。
何の話かって、物理の話なんだよね。『昇り続けたのに同じところに戻って来ちゃう、なんてことは絶対にない!』ってのを、物理では数式で書けるわけだよ。エッシャーの絵は現実にはありえない風景です、これは騙し絵ですって、数式で証明できるんだよ。
面白いと思わない?思わないか?
物理のいいところはそこ!一見意味不明な数式も、その数式の表す意味を考えてみると『なんだよそんなの知ってるよ!当たり前じゃん!』って納得できるところなんだよね。
枝が切れたらりんごは地面に落ちますよ、とか。電車が動き始めたらちょっとよろけますよ、とか。
今日扱った物理の式は何を言ってたっけな。今日やったやつは忘れたけど、こないだやったやつは覚えてるぞ。『温度が不均一でよく混ざってないお湯は対流を起こす』って話だった。これはちょっと中学レベルの話だから難しかったけど。
まあ当たり前だよね。ヤカンは底だけ火で熱してるけど、ちゃんとヤカンの水は全部100℃になるもんね。
底の方の水だけ100℃で、上の方の水はまだ水道から出したての常温、なんてことは絶対ない。対流して混ざるはず。
多少の温度差はあるけどね。風呂は下のほうがぬるくて上の方のが熱い、みたいな。
あー勉強大好きっ!って言ってみる(・∀・)嘘から出た真、って諺があるだろ!瓢箪から駒!いい言葉だ!
まずはその気になったつもり!

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。