SwitchでVPN接続する方法 【要Ubuntu】

最終更新日

Ubuntuがあれば簡単にできる.

やり方!

例えばNintendo SwitchにはUBI Softのcloud版Assasssin’s Creed Odysseyが提供されてる.実はこのソフトのサーバーはある種のregion lock的に,日本国内からのアクセス以外を遮断するように設定されているから,日本でこのソフトを買ってSwichごと外国に持ち出しても遊べないということが起きる.

これを回避する方法としてVPN接続でアクセス元を日本に変更することを検討できるね.いろいろな手段があると思うけど,「これでもできるよ」という1つの手段を紹介しましょう.前提条件はこんな感じ:

  1. Ubuntuをインストールしたノートパソコン
  2. そのノーパソがネットに 有線 で接続する手段
    1. LANケーブルでもいいし
    2. AndroidスマホのUSBテザリングでも可

Ubuntuを日本のVPNサーバに繋げる

1) OpenVPNクライアント (?) をインストールする

$ sudo apt install openvpn

2) VPN Gateから日本のサーバのOpenVPN設定ファイルをダウンロード1

3) Ubuntuの設定の「ネットワーク」の「VPN」の隣の+サインをクリック

Screenshot from 2019-03-18 13-17-11
こんな画面

4) 表示されるダイアログ2の「ファイルからインポート…」からダウンロードしたOpenVPN設定ファイルを開く

Screenshot from 2019-03-18 13-17-20
こんな画面

5) 何も変更せず,そのまま「追加」をクリックする

Screenshot from 2019-03-18 13-17-05
こうする

6) VPNに接続できるようになったので,スイッチを入れてVPNに接続

Screenshot from 2019-03-18 13-18-56
繋がります

SwitchにVPN接続を共有する

1) Ubuntuの設定の「Wi-Fi」から「Wi-Fiアクセスポイントをオンにする」を選択

Screenshot from 2019-03-18 13-29-14
ここを設定

2) オンにする

Screenshot from 2019-03-18 13-30-04
Turn on

3) 表示されるSSIDとパスワードをSwitchに打ち込む

これでOK.

実際の例

実際にオーストラリアから接続しているけれども,判定は「日本からのアクセスだね」と偽装することに成功しました!

IMG_20190316_221447
↑VPNなし
IMG_20190316_213824
↑VPNあり

しかし,回線が遅かったためにアサクリを遊ぶまでは至らず終い… まぁいいけど!

1 DDNSホスト名が埋め込まれてるファイルが推奨されてるけど,それで失敗したらIPアドレスが埋め込まれたファイルを使えばいいと思います.
2 OpenVPNのクライアントをインストールしたあとなら,このダイアログに「OpenVPN」の選択肢があるはず (使わなかったけど)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。