現代版「里見八犬伝」上巻

いきなり常人にはできない能力を頂いたなら、あなたはどうする?
これは能力を授かった選ばれし8人の物語…
チャイニーズの陳 永蘭(チン エイラン)21歳 男は中国の北京の郊外に住んでいた。
永蘭は夢の中で黒装束の男と出会った。男はこう言った。
「お前は選ばれた!能力をやる。選びなさい。」
能力はこの3つ
・左足を右手首に変える力(?)
・全身に汗をかき、その汗を霧に変える力(?)
・両手をナイフに変える力
永蘭は戸惑いながらも即3番目を選ぼうとしたが…
「ブッブー!時間切れ!1番目させるからな。」
えー!……能力が決まった…
男の目が光り、「これから、お前と同じように能力を授かった仲間を探しだし、共に日本政府を潰せ!」
「はい」と言うしかなかった…重圧に勝てなかった。
「まずは東京へ行け!仲間も見つかるはずだ。」
永蘭は目が覚めた。ためしに能力を使ってみた。
左足が右手首になった…(?)それだけだった。能力の意味はわからず、しかも1日中直らなかった…
東京へ向かった。仲間同士で会うと興奮して分かり合えるらしい…


次々と仲間が見つかり、7人が揃った。
西条マカコ(ジャパニーズ)19歳 女……能力:貧乳を巨乳に変える力
男1(アメリカン)28歳 男……能力:自分の身体中を石化させる力(ただし石化させた部位は二度と戻らず、5分後には砕けて粉になる)
男2(ブラジリアン)20歳 男……能力:頭の髪の毛がどんなものでも貫く最強の剣になる力
女1(メキシカン)32歳 女……能力:大根とブドウでダイナマイトを制作する力
女2(火星の住人)年齢不明 女?……能力:あんパンをブーメランに変える力
男3(ヨーロッパの辺り)年齢不明 男……能力:フルートで瞬間移動する力
富士の樹海に秘密の入口があるらしく、7人はむかって行った。
情報はすぐに相手に伝わったらしい…樹海に入るなり、いきなり刺客がやってきた。
毒蜘蛛との戦い。女1の攻撃!ダイナマイトで巣ごと吹き飛ばした。吹っ飛んだ蜘蛛を女2がブーメランでとどめを刺した。あっけなく毒蜘蛛は死んだ。
入口を見つけ出し、ダンジョンへ入っていった。

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。