俺の場合、蘇るのは18歳だなぁ

俺は自分で言うのもあれだけど、多趣味な人な気がするいや、『自分で言うのもあれだけど』って言った時点で既に『多趣味なことはすごいこと、素晴らしいこと』っていう前提を孕んでるけど、まぁ俺はそう思うし
でも自分で自分をすごいとか素晴らしいとか思ってるわけじゃなくて、そこんとこに謙遜のニュアンスが込められてんだと思ってね謙遜とは違うかな?
とにかく最近の趣味は低音質な曲、例えば誰かがライブハウスとかで勝手に録音したやつとかの高音質化に努めること始めに言っとくと成果は全く出てないけど、やろうと思ってやってるってことね
サウンドエンジンっていうフリーソフトがあって、波形編集ソフトなんだって波形ってもちろん音波の波形ですわ
中音域をブースターするとボーカルが強くなるし、低音域をブースターするとベースが強くなるし、高音域をブースターするとああなるんだよ
あとしきい値以下の音量の音はカットしたりして、ノイズ低減もできて
高音の伸びとかエコーとか音の丸さ(モタッとした音に出来る)とかいろいろ調整編集できて
ニコ動にあったのは、100年前のバイオリンの録音を高音質にしてたノイズもないし、聞こえなかったピアノの伴奏も聞こえるし、モノラルだった音源を空間的なステレオに変えてた
すごい。
と、思う。
なんでそんな事をいちいち自分でもやってみたいのかってYouTubeにウルフルズのデビュー直前のライブ、新宿ロフトでのライブの録音が上がってたから
しかもCDとしてリリースしなかった、未発表曲なんだよねこれはちゃんと聴きたいファン心理
しかし素人の録音だし、ライブハウスの録音だし、音質という側面から見たら結構粗悪なアイテムなのだよ、この曲そこでなんとかならないかと頑張ってみようと考えていたわけだったんだなんて婉曲な表現だ
ピーターに聞いたばかりの知識を受け売っちゃうけど、アイワズボーントゥーラブユーbyクイーンはフレディの死後に、仮録音みたいなやつから彼の声だけ抽出して演奏を後付けしたらしいそんな壮大なテクノロジーが実在するんだから、使わない手はない
と、ウルフルズのデビュー前の曲を改良してみようと思ったのでしたでもオリジナルが好きな俺は過剰に高音とか低音とか強調しないようにしたいな
エピソードⅥでさ、お祭りでルークが見かけるんだフォースと同化して影になって現れるダースベイダーのことをねそれがDVDだとオリジナルを改変して新3部作のアナキンの俳優が合成されてんのよありゃいかんと俺なんかは思うけどな
オリジナルに出来るだけ忠実にこれはビートルズのデジタルリマスター盤を作るときも徹底してたことらしいしね
まぁ、楽しく音質向上でも目指す所存だよ

↑以前言ったかもしれないけど、作曲ってのも俺の趣味だったことがあってさそんとき作ったブラス風のファンファーレ
ファンファーレってなんだ知らないのに言ってみただけだから、これがファンファーレだとは限らないてかたぶん違う
みなさん、斎藤和義の『ずっと好きだった』って歌も、YouTubeに接続したついでに聴いてみなよやべえよ、めちゃくちゃノリ良い曲だぞキテレツ大百科のオープニングテーマ『お嫁さんになってあげないゾ』とサビが似てるらしいゾてかまぁ似てたゾ
でもサビのメロディが似てるとか似てないとか、パクったとか違うとか、そんなのが俺のこの曲に対する思いを変えるわけがないサビのメロディが好きなだけでこの曲が好きなわけじゃないからなむしろそれ以外の要素の方が、俺を強く魅了してるだろ

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。