▼そのゴミ収集車がその逃走車

『Hold Me Tight』ってビートルズの歌が、
『ほぅ、見たい!
 つない!(?)
 いつ?
  言う言う言う!』
って聞こえる。そんだけ。
こないだ池袋で居酒屋のバイトの面接に行った帰り、地元の本屋で立ち読みしたよ科学雑誌、その名も『Newton』
特集は円周率についてππππππππケータイにπって要らないと思ってたけどやっぱ使うんだねぇ
現在円周率は小数点以下何億桁とか何兆桁って分かってるらしいです何億桁と何兆桁には、ティズさんとマッシくんぐらいの開きがあるけどっ気にしない
おぉ、全知全能なるティズの神よ、小生のこの非礼をどうかお許しくださいm(__)m言葉のあやですm(__)m笑
Newtonが円周率特集だからって、その何億桁もの数字が羅列してあるわけじゃないよなんか面白い事が書いてあったんです
円周率のめちゃくちゃな数字の羅列の一部には、面白い並び方をしてるとこがあるんだってめちゃくちゃなくせに
『012345678901』
『00000000』
『88888888』
『141421356』←ルート2の覚え方
『314159265』←円周率の最初の9桁
こういう並び方が小数点以下のすんごい奥地で見つかるんだってまるで円周率という洞窟の奥に潜むちょっとしたお宝
と、思える人は俺に近い。
『お宝?どこが?』って思う人は普通ですね言い換えたら凡人ですね
嘘だよε=┏( ・_・)┛別に、数学に興味ない人を非難しようっていう話じゃない
でも興味ない人はこの先読んでも面白くないかもね
はい、ここからがマニアックに間に合ったマスマチック
あっ、マスマチックのスはthだよ、舌噛んで
未だに証明はされてないけど、おそらく円周率の数字の羅列は乱数なんだよね
300億桁までの各0~9の登場回数を調べると、だいたいみんな28億****万****回登場するんだよ
これはどの数字も同様に確からしい確率で現れるってことだよね帰納的に乱数ですって証明されたことにならないかなぁ、ならないだろう
まぁ、乱数だと証明されたとしよう。ここから俺の話が始まるんです==
言いたいのは、もしも、円周率の数字の羅列が乱数だとしたら、さっきの
『012345678901』
とかは全然すごくないんじゃないかという、直観的には何だか疑わしい仮説です
だって……
①各0~9の数字の出現確率は等しい、つまり1/10
1月10日じゃない10ぶんの1だ
②例えば『012345678901』っていう文字列が出現する確率は0じゃない、具体的には1/1000000000000
天文学的にでかい数☆・:゚・。
③円周率は無理数、無限に続くんです∝ってことは無限回、試行を繰り返すってこと
無限はクセ者だけど、じゃあ『012345678901』っていう文字列が登場する確率は……
1-(1-1/1000000000000)^n
n→∞
ですよね
つまり100%、さっきの文字列は出てくるってことじゃんすげー
……ってことはですよ?
この理屈を応用すれば、有限の文字数の範囲内であれば、理論的にはどんな文字列も円周率の文字列に含まれるってことだよね
これはもっとすげー事実直観的には疑わしいけど、さっきみたいに計算すれば一応間違いなさそうだよね
無限ってすごいと思った人が増えて、数学科の倍率が上がって、俺の『松嶋菜々子と結婚しよう人生”やまとなでしこ”計画』が破綻しないことを祈ります笑
(2009/11/10)

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。