おもいで無制限

ピカサウェブアルバムって知ってる?Googleのサービスの一つで、写真を保存しておくオンラインストレージのこと。たぶんね笑オンラインストレージってあんまり意味分からないで言ってます。正解な用語で言うのは知らないけど、つまり『自宅のパソコンで写真を保存しておいて、バックアップとしてピカサにも保存しておく』みたいな感じだと思う。ストレージとしての使い方よりも、写真を載せて皆と共有するって意味合いのほうが強いのかも。てかむしろ俺はそういう使い方をしてるからね。みんなそうかもしれないけど。
昔はピカサの容量は1GBまで、とか制限付きだったんだよね。それよりたくさん載せたい場合は追加容量を年額いくらってお金をGoogleに納めて容量を増やすしかなかった。と思うんだよね。俺は少なくとも年に一回は旅行してるから(というのも、ここ4年間では、ってことだけど)、旅行で撮った写真を載せて共有する使い方が多いのね。そんで海外に行ったりすると(ここ4年間ではフランス,アメリカ,イタリアに行ったよ)張り切ってたくさん写真も動画も撮るから、容量が全然足りないわけよ。追加の容量は購入すれば使えるけど、ただの趣味でやってるだけのピカサにお金はかけたくないじゃない?何とかして無料で載せる方法はないかと苦闘したんだよね、4年前とかに。
そこで思い付いた案は、『別のアカウントを取って、また無料使用分に載せるか!』って案。それは初めはうまくいったよ。Googleのアカウントを取るのにメールアドレスを担保に取られるんだけどさ。幸い一つ目のアカウントでケータイのメルアドを使っていて、学校で配布された個人のメルアドはまだ使ってなかったからね。二つ目のアカウントを取得するのに学校のメアドを使った。でもすぐ容量が足りなくなって、三つ目のアカウントが必要になってきたわけだ。でももう自分で好きに使えるメアドは持ってない!三つ目のアカウント取得は絶望的だったのよ。
でもどうしてもアカウントが必要で、ふと魔がさして実在しない適当なメアドを入力してアカウントを取ってみた。Googleに拒否されるかと思いきや、それが意外と通っちゃって!嘘のアドレスを担保に三つ目のアカウントが取れちゃったのよ。こりゃラッキーだったねー笑今のところ四つ目のアカウントを取らなきゃいけない必要は無かったから、ピカサのアカウント(つまりGoogleのアカウント)は3つ持ってたのよ。でも最近イタリア行ったから、その写真も載せたいじゃん!また嘘のアドレスでアカウントを作らなきゃいけないかなって思ってたんだけどさ。
なんと、今回初めて知ったけど、ピカサとGoogle+の写真を同期しちゃえば、Google+の写真の容量は無制限だから、実質ピカサも容量無制限で使えるって!知らなかったぁー!だから一つ目の、メインのアカウントにイタリア旅行の写真は載せました。これでイタリア旅行の写真については何にも問題ない!やったーバンザーイ\(^O^)/
でも。こうなると二つ目、三つ目のアカウントに載せた写真も、メインの一つ目のアカウントに載せて統一したいじゃない?何ヶ所にもバラバラと写真の保存場所が違うんじゃ俺だって見にくいし、共有して見てる友達はもっと見にくいだろうしね。統一しよう。二つ目のアカウントの統合は簡単だったよ。『統合したいならここをクリックしてください、担保のメアドに専用のリンクを貼ったメールを送ります』ってボタンがあるからね。クリックして、学校のメルアドに来たメールのリンクから飛べばいいだけ。すぐに終わった。簡単でいいねー!Googleさすが!って感心したのも束の間。また問題にぶち当たった。
『三つ目のアカウントは嘘のアドレスだから、メール送られても誰にも届かない!どうしよう?!』これも悩んだよ。ピカサには本当に悩まされるね(笑)いや、便利な機能だからピカサすごく大好きだけどね。結局解決策を思い付くのに2日くらいかかった。マイクロソフトのホットメールのアカウントをケータイアドレスを担保に取得して、今度はそのホットメールのアドレスをGoogleの三つ目のアカウントの担保にするって案。意味わかる?図で説明したいくらいあっちこっち混雑した状況だよね(笑)さっきホットメールのアカウントを取って、三つ目のアカウントのピカサも無事にメインのピカサに統合出来ました!これでメインのピカサさえ見れば俺の旅行の思い出は一覧できる!なんて便利!
ピカサの容量が無制限ってのは嬉しいよねえ。今後も同じペースで旅行しまくるとは限らないけど、少なくとも現状の要求を満たす素晴らしい機能!容量がちょっと足りない関係で載せるのを諦めた写真や動画もあるのね。そいつらも日の目を見るチャンスだね!みなさんもピカサを使うべし!

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。