Ubuntu 20.04 初期設定

これは自分用のメモですのであしからず.

Gnome と各種アカウントの連携

連携するのは次の3つのアカウント

種類ID
Ubuntu シングルサインオンGmail
Google (私物)k****
Google (仕事)c****
忘れないように

端末で簡単設定

HOME フォルダの英語化

$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

端末を開いたついでに,黒い半透明のプロファイルを作っておこう.システムのテーマ色を使用せず,use transparent background from system theme を外して適当に透明度を調整する.

マウントしたボリュームをドックから非表示

$ gsettings set org.gnome.shell.extensions.dash-to-dock show-mounts false

ワークスペースごとにドックを分離

$ gsettings set org.gnome.shell.extensions.dash-to-dock isolate-workspaces true

~/bin にパスを通す

詳しくはこの記事に書いたけど,要旨はこう:

  • ~/.bashrc の最終行に export PATH=$PATH:~/bin を追記
  • 端末で $ source ~/.bashrc を実行

Ubuntu Software

Gnome Tweaks をインストール

  1. ウィンドウタイトルバー > タイトルバー位置を左に
  2. キーボードとマウス > ポインター位置のハイライト ON
  3. トップバー > 曜日 ON
  4. 拡張機能 > Desktop icons > デスクトップのこれらを非表示
    1. ホームフォルダー
    2. ゴミ箱

Zoom-client をインストール

Zoom クライアントアプリは flathub から入れると解像度がおかしいので snap でインストールする.snap 経由なのでコマンドラインからでもインストールできる

$ sudo snap install zoom-client

Flathub の準備

flatpak インストール

$ sudo apt install gnome-software-plugin-flatpak

このコマンドで flatpak と同時に (Gnome 純製の) 「ソフトウェア」もインストールされる (プリインストールされてる「Ubuntu ソフトウェア」とよく似てるけど別物.詳しくはこの記事を参照).

Flathub と Gnome Software の連携

$ flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo

このコマンドは Flathub のウェブサイトに書かれてるやつね.その後マシンを再起動しましょう.

定番アプリのインストール

flatpak -y install flathub org.audacityteam.Audacity
flatpak -y install flathub org.blender.Blender
flatpak -y install flathub org.fontforge.FontForge
flatpak -y install flathub org.gimp.GIMP
flatpak -y install flathub org.inkscape.Inkscape
flatpak -y install flathub org.kde.kdenlive
flatpak -y install flathub org.pulseaudio.pavucontrol

面倒くさいので確認事項には自動で yes で回答しちゃいます.複数行を一気にコピペしても端末で一気に実行してくれない気がするので,最終行のコマンドを除いて ;\ をコマンドの末尾につけるといいかも.; はコマンドが終わったら次のコマンドを実行する設定で,\ がコマンドの改行.

flatpak -y install flathub io.atom.Atom
flatpak -y install flathub com.skype.Client
flatpak -y install flathub com.slack.Slack

Atom と Slack と Skype は Flathub からでもダウンロードできるんだけど,公式サイトからダウンロードしたほうが良いかも.Flathub からインストールすると何故か日本語入力ができないんだよね… というわけで次へ.

公式サイトからダウンロードする

何が違うのかわからないけど,日本語対応が不十分 (?) な Flathub 版ではなく,公式サイトからダウンロードしたバイナリなら日本語入力ができる.というわけで,以下のアプリは公式サイトから .deb をダウンロードしてインストールする.

  1. Atom
  2. Google Chrome
  3. Slack
  4. Skype

細かい設定

  1. Mozc を優先の入力ソースに
  2. ダークテーマが好きなので全体をダークに

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。