どうぶつしょうぎは後手必勝

どうぶつしょうぎについて調べてみると,先手後手が互いに最善手を指し合うと78手で後手が必ず勝つということが計算によって判明しているらしいことがわかった.これがその全貌.

まずは最善手をご覧ください

例えばマルバツゲーム (3目並べ) は,双方が最善手を指せば必ず引き分けになるでしょ.「最善手」ってそういうことね.

これが最長

上の動画はどうぶつしょうぎ名人 (← CPU が先手) と最長まで粘って指した棋譜.どうぶつしょうぎ名人の説明欄には次のように書かれてて笑った.

どうぶつしょうぎ名人には勝てません。

どうぶつしょうぎ名人
勝てません…

最善手の解析

最善手については東京大学情報基盤センター准教授の田中哲朗氏のサイトを参考にした.先手が取りうる最初の4手がそれぞれどんな結末になるのかが完全に示されてる.

  1. 初期局面から「C3きりん」
  2. 初期局面から「C3ライオン」
  3. 初期局面から「B2ひよこ」
  4. 初期局面から「A3ライオン」
盤面と見比べてね

将棋の解析はいずれ完了するか?

2020年6月28日に行われた渡辺明 – 藤井聡太の棋聖戦五番勝負第2局で藤井さんが指した58手目,3一銀がすごいということで話題になった.将棋ソフト『水匠』開発者の杉村さんが,「今日の藤井さんの58手目は,将棋ソフトが6億手も先読みさせないと出てこない深遠な手だ」と評したことがきっかけ.

絶賛

これに対し,加藤一二三氏が「棋士の閃きを軽視し,ソフトウェアを絶対視する今の風潮には歯痒い想いがする」と苦言を呈したんでした.

これが発端

さて,これについての僕の感想を言いたいがために,わざわざどうぶつしょうぎなんかを持ち出したのでした.ここからが本題笑.

将棋の可能性は高々有限

派手な見出しだけど,数学的にはそうと言わざるを得ない.Wikipedia によれば千日手のルールの不備のせいで厳密には有限ではないらしいが,基本的に将棋は二人零和有限確定完全情報ゲームだと思って良いでしょう.

二人零和有限確定完全情報ゲームの特徴は、理論上は完全な先読みが可能であり、双方のプレーヤーが最善手を指せば、必ず先手必勝か後手必勝か引き分けかが決まるという点である。実際には選択肢が多くなると完全な先読みを人間が行う事は困難であるため、ゲームとして成立する。

二人零和有限確定完全情報ゲーム – Wikipedia

書かれている通り,将棋がゲームとして成立している (ように見える) のは,人間の先読み能力には限界があって,「理論上の完全な先読み」を達成し得ないからでしかない.無限の先読み力を持った全知全能の存在 (例えば神) を想定してみると,その存在にとって将棋は「よく考えてみればこれ先手 (あるいは後手) 必勝じゃん.ゲームとして成立してないやんけ」という感じに見えるはず.

僕の感想

本質的には「解ける」ゲーム

将棋はまだ計算機によって解析し終えられてないし、現実的には当面解き終わることはないと思う.でも将棋はゲームとして一切の不確定性がないから確実に正解が存在していて、決定論的。全知全能の神から見ればマルバツゲームと同じで,遊びにすらなってないんだよね。

ただ人間にはそこまでの思考力はないし、まだ計算機にもそこまでの計算力がないから、将棋は「当面は」遊びとして成立しうる.でも本質的にはマルバツゲームと同じで、将棋には「100%正解の手」というのが存在していて、それ以外は全部ミス.

確率的にしか「より良い手」が決まらないポーカーとか麻雀とかとは全く違う。将棋はどちらかと言えば「1+1=?」と同じで、絶対に確実に正解と断言していい正解があるゲーム。実際には人間はまだそれを知らないけど、でも確実に正解がある。それを忘れちゃいけない.

正解に近いのは機械か?人間か?

それで、大事なことは「まだ我々は知らないけど確実に存在している「正解」に近いのは人間か?機械か?」という点.もう2020年の現在ではすでに人間より機械のほうがその正解に近いと言えるでしょう。 であれば藤井さんの手を機械の手によって評価するのは、そんなにおかしくないと思う.

現状を例えて言うなら、 すでに正解を知ってる大人が、まだ答えを知らない子供とマルバツゲームで遊んでいて、子供が理論上の最善手を指したときに「お、それはいい手だね」と言ってあげるのに似てるかな?マルバツゲームとの違いは、

  • マルバツの例:
    • 子供は「答え」を知らない
    • 大人は「答え」を知ってる
  • 将棋:
    • 人間は「答え」を知らない
    • 機械もまだ「答え」を知らない

この類推が成立すると考えてよいほど、人間 – 機械 間の「答え」への近さには隔たりがあると思う.

つまり,いずれは「どうぶつしょうぎ名人」みたいな感じで「将棋名人」という究極の将棋AIが開発されて,その注釈にはこう書かれることになるはずなんだよね.「将棋名人には勝てません。」と.

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。