攻撃的防御のために

今日は久しぶりにサークル活動だ最高気温25℃の今日に相応しい練習内容
全ての筋繊維が悲鳴を上げ、細胞たちは乳酸を合成することで自らに休憩を促す。しかし、とどまることを知らない意思による激しい運動は、その乳酸をありとあらゆる体液により中和させ、筋繊維たちは限界を知りながらに無理な弛緩を何度も何度も繰り返させられる。遂に限界を突破した筋繊維は、順に末端から引きちぎられ、本当の意味での運動不能状態に陥る。それでも全ての運動は一切停止することはない。寧ろ先輩からの掛け声という一つの音声が、その頭脳のなかで処理、解釈がなされ、いかなる表現も及ばないパワープレッシャーとなって、さらなる過酷な負荷を選択することになる。またそれは次なる筋繊維の破壊へと直結するのだ。
……あぁ疲れたッ笑

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。