▼不完全な生き物である人間の持ち物で、唯一完全なもの

(過激なことを言ってますが『全て』冗談ですから、真に受けて通報したりしないでね(・ω・)!)
酒井法子が保釈されたそのニュースを見てたら教習所行くの忘れそうになりました。今日は高速教習で高速道路にのる予定で、楽しみにしてたから、忘れるのは痛手なんす
つーか時速100kmまじ恐い制限速度、もっとさげてもいいよ
まあ、そんな感じで教習所には間に合ったんですが、遅刻しそうになるくらい引き込まれました。魅了されました。
何に魅了されたかって?のりピーの美貌にです
彼女は確かに法を犯しました。一時的な快楽を与えたのち、身体に破滅を残して去ってゆく致命的な白い粉を吸いました。その記憶は遠く100年先まで薄れることはなく、関係者にも世間様の人々にも、言うまでもなく本人の身体にも残り続けることでしょう。
しかしそんな彼女も今は深く反省し、自らの行いを悔い改めようとしています記者会見でダイヤのような輝く涙で頬を濡らし、そう強く訴えていたじゃないか
彼女は、のりピーは無罪ですいや、少なくとも俺が裁判長ならば、無罪判決を下します。
何よりのりピーは可愛いです。もしも醜悪な形状の人間だったら無罪とか有罪とかを越えて死刑なんだろうがな!
嘘です。これはかなりの問題発言っぽいでも消さな~い笑
でも、今のは関係ないとしても、のりピーはマジ可愛いっす38歳(当時)だけど、素晴らしい美しさをお持ちです
しかもあれ、記者会見の涙あんな顔で『反省してるんです…』とか言われたら許したくなります
うん、君は反省してるよ、大丈夫無罪だからもし実刑判決出すときは、『被告の美貌は情状酌量に値するから執行猶予付きにする』執行猶予切れる頃にもう一回判決下すときに、やっぱ無罪ってするからね
っていう愚かな裁判長です。いやはや、概して男の子は女の子の涙には弱いものです
もうこうなるとのりピーが悪いんじゃなくて、法律が悪いんじゃないかと思うよねえっ?おもわない?
だって法律は人間が定めたんです。不完全な生き物である人間の持ち物で、唯一完全なものは数学だけですそれ以外、もちろん法律だって不完全なんだよ。
そんな不完全な、言い換えれば理不尽で偏狭で間違った、そういう法律というものに制限を受けて生きてるんです、僕ら。時には生きた人間が正しくて、固まって動かない法律が誤るときもあるんじゃないかな
つまりさ。のりピーの自由を制限してる、その法律そのものが間違いなんだよ。いいじゃない、綺麗な人がイカレてるのも
まあでも昔からよく言うじゃない可愛い子には旅をさせよって。のりピーも法律という名の檻を抜け出して、どこまでも広く果てしないサバンナを旅するか弱き仔羊なんだよきっと。
でも可愛くなかったら旅したら罪(-_-メ)笑
そんな文脈から導かれるもの。それは『俺は国会議員になる』です
ご存知のように現副総理(当時)の菅直人は東工大1類の卒業生です。そして奇しくも、この僕も東工大1類の学生なのです。
この意味するところは何か。それは、俺が国会議員に当選し、のりピー救済のためのあたらしい法律を制定する運命にあるということに違いないさらに言うならば、あまた生き延びている死刑囚をいち早くオシャカにすることだよ
そんな訳で俺は国会議員になりたいです。そんで高速道路の最高速度をちょっと下げます…
(2009/09/18)

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。