【決定版】体系的な文書の書き方

統一的な規則。
名称未設定

これだけ
1 定義
    1 用語
        1 数値
            規則的に採番される数の値
        2 文字列
            0個以上の文字の列
    2 記号
        1 {...}
            羅列を意味する
        2 (..., ...)
            組を意味する
        3 ... / ...
            いずれかを意味する
2 構造
    1 文書 = 箇条
    2 箇条 = {項目}
    3 項目 = (番号, 題名, 内容)
    4 番号 = 数値
    5 題名 = 文字列
    6 内容 = 文字列 / 箇条
3 整形
    1 改行
        1 題名と内容の間
            ただし内容が0個の文字の場合を除く
        2 項目と項目の間
    2 行頭
        1 字下げ
            題名と内容の間
        2 字上げ
            項目と項目の間
    3 余白
        1 空白
            番号と題名の間
        2 空行
            項目と項目の間 (任意)
4 採番
    1 原則
        直前が項目の終端であるとき、その項目の番号に1を加えた値
    2 例外
        直前が項目の終端でないとき、1

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。