リレー小説~四暗刻~

けして上手くはない僕のベースを彼女はどんなときも上手いと言ってくれた。
けれどもベースとボーカルだけではやっていけない現実にぶち当たり、僕は泣いた。
泣けば泣くほど彼女はつらそうな顔をした。
僕はその彼女の顔に心が痛んだ。
すると僕の涙の1粒1粒が緑のマリモに見えた。
彼女はほんのり笑うとまた元の顔に戻ってしまった。
あの時の顔を忘れられなくて僕は泣くしかなかった…

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。