iPS細胞って何て読むの?

ノーベル賞を日本人が獲ったね。医学・生理学賞とかそんなタイトル。調べればすぐに分かりそうなことだから、なんのノーベル賞なのかも知るべきかな。
NobelP2


ノーベル賞をダシに,英語の勉強

iPS細胞っていうものを生み出したことが素晴らしくて、受賞したんだよね?iPS細胞についてもあんまり知らないから調べておこう。俺が今調べたのは『iPS細胞のiPSは何の頭文字か?』っていうどうでもいいこと(^ω^)さて、知ってる人います?人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう、Induced pluripotent stem cells)だそうです。何これ全然知らない英単語なんですけどwww
ステムセルはたぶん普通に『木の幹』の『細胞』だよね。幹細胞だ、それ以上でも以下でもない感じ。でも『木の幹』ってのは概念的な比喩と言いますか、元になる本体っていう感じ?あ、言うまでもないかな?
Inducedは『引き起こされる』とか『もたらされた』っていう形容詞。『誰によって?』は明示してないけど、まあつまり『人間によって』ってことなんだろう、それで『人工』って訳すのかな。

プルリポーテント?

pluripotentが一番難しい単語だよね。前半のpluri-が『たくさんの~』とか『あらゆる~』とかの意味を持つ接頭語らしい。でも『たくさん』と『あらゆる』の差は果てしなく広いから、どっちかは嘘。正確には『たくさんの~』もしくは『あらゆる~』のいずれかを意味する接頭語、ってことかな?
後半の-potentは簡単。『彼はポテンシャルの高いやつだ』とか言うでしょ?潜在能力があるって意味だ、potentialはね。それの形容詞形がpotentだろうから、『~という能力を秘めている』って感じの形容詞。
だから『あらゆる能力を秘めている』って意味だね、pluripotent。もっと平たく言えば『万能の』って意味かな?
つまり『人工の万能な幹細胞』だ、iPS細胞。たしかにその和訳なら、ニュースで聞いてたのと合致しますな。体ってのは色んなパーツ(血、骨、脂肪、筋肉、皮膚、眼……)で組み立ててあるけど、どのパーツとしても使うことができる最強の細胞ってことだ。
読み方はまだよく分からない。インデュースト・プルリポーテント・ステム・セルズでいいのか?それともプリュリポーテントかな?カタカナ読みは不正確だけど伝わるからね、無意味じゃない。まあ英語っぽく発音する努力は要るけどさ。日本語っぽく読んだら、そりゃ当然伝わらない。もうちょっと調べたいね。受賞おめでとうございます!

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。