【Ubuntu】GTKテーマを全体に適用するには?

Ubuntuにgtkテーマを適用しよう!
Screenshot from 2015-06-07 15:31:06


俺の好きなWoodoo_Dark_and_Blueというgtkテーマ

俺と全く同じ環境にするには,これから書く手順に沿って作業すれば,完全に同じ環境を再現できると思う.これは読んでいるあなたのためにも書いてるんだけど,ほとんどは自分の備忘録として書いてる.だから俺の分かるように書いてるから,不親切だったらごめんね.ついでに書くと,俺の環境はUbuntu 14.04.LTSだから多くの人に利益のある記事になるかな?
InkscapeもGimpもAudacityもTeXworksもOpenshotも,みんなGTKでUIを実装してる.だからスキンテーマを一括でカッコイイ色のものに変更できるんだ.まずはカッコイイGTKテーマをダウンロードする.俺の好きなのはWoodoo_Dark_and_Blueというテーマ.ここからダウンロードできるよ

面倒くさいから,ちょっと長いけどこの記事にgtkrcファイル本文をそのまま貼っちゃう.

#
# Copyright (c) 2014 Michael Woode
#
# Woodoo Dark and Blue is distributed in the hope that it will be useful,
# but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
# MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the
# GNU General Public License for more details.
#
# You should have received a copy of the GNU General Public License
# along with Woodoo Dark and Blue. If not, see .
#
gtk-color-scheme =
“rt_fg_color:#c0c0c0
rt_selected_bg_color:#5a85c5
rt_bg_color:#404040”
style “woodoo-default” {
# the padding around objects eg the tool buttons
xthickness = 2
ythickness = 2
#######################
# Style Properties
#######################
GtkButton::child-displacement-x = 1
GtkButton::child-displacement-y = 1
GtkButton::default-border = { 0, 0, 0, 0 }
GtkButton::image-spacing = 4
GtkToolButton::icon-spacing = 4
GtkCheckButton::indicator-size = 14
GtkPaned::handle-size = 6
GtkRange::trough-border = 0
GtkRange::slider-width = 15
GtkRange::stepper-size = 15
GtkScale::slider-width = 14
GtkScale::slider-length = 30
GtkScale::trough-side-details = 0
GtkScrollbar::min-slider-length = 30
GtkMenuBar::internal-padding = 0
GtkExpander::expander-size = 18
GtkExpander::expander-spacing = 0
GtkToolbar::internal-padding = 1
GtkTreeView::expander-size = 12
GtkTreeView::vertical-separator = 0
GtkMenu::horizontal-padding = 0
GtkMenu::vertical-padding = 0
WnckTasklist::fade-overlay-rect = 0
GtkEntry::honors-transparent-bg-hint = 1
GtkEntry::progress-border = { 2, 2, 2, 2 }
####################
# Color Definitions
####################
bg[NORMAL] = “#404040”
bg[PRELIGHT] = “#484848”
bg[SELECTED] = “#5a85c5”
bg[INSENSITIVE] = “#404040”
bg[ACTIVE] = “#484848”
fg[NORMAL] = “#c0c0c0”
fg[PRELIGHT] = “#b3d1ff”
fg[SELECTED] = “#b3d1ff”
fg[INSENSITIVE] = mix (0.3, @rt_fg_color, @rt_bg_color)
fg[ACTIVE] = “#c0c0c0”
text[NORMAL] = “#e0e0e0”
text[PRELIGHT] = “#b3d1ff”
text[SELECTED] = “#b3d1ff”
text[INSENSITIVE] = lighter (@rt_bg_color)
text[ACTIVE] = “#b3d1ff”
base[NORMAL] = “#484848”
base[PRELIGHT] = shade (0.95, @rt_bg_color)
base[SELECTED] = “#5a85c5”
base[INSENSITIVE] = “#404040”
base[ACTIVE] = shade (0.9, @rt_selected_bg_color)
engine “woodoo-default” {
colorize_scrollbar = TRUE
reliefstyle = 1
menubarstyle = 2
toolbarstyle = 1
animation = FALSE
radius = 3.0
# style between CLASSIC, GLOSSY, INVERTED and GUMMY
style = GUMMY
# Set a hint to disable backward compatibility fallbacks.
hint = “use-hints”
}
}
# bg and text color of tooltip hints
style “woodoo-tooltips” {
xthickness = 4
ythickness = 4
bg[NORMAL] = “#5a85c5”
fg[NORMAL] = “#ffffff”
}
# bg color of the layer, save/open dialogs and in settings
style “woodoo-list-header”
{
#Comment out the ythickness setting below for thicker column headers.
#ythickness = 0
GtkTreeView::odd_row_color = “#404040”
GtkTreeView::even_row_color = “#484848”
}
###############################################################################
# The following part of the gtkrc applies the different styles to the widgets.
###############################################################################
# The woodoo-default style is applied to every widget
class “*” style “woodoo-default”
widget “*” style “woodoo-default”
widget_class “*” style “woodoo-default”
widget “gtk-tooltip*” style “woodoo-tooltips”
widget_class “*Tree*” style “woodoo-list-header”

もちろん僕がこれの著作権を文字してるわけじゃないからね.そこは注意.まぁでも本文そのままだし.

作業はごく簡単!

上記のgtkrcファイル本文をテキストエディタにコピペして(しなくても,正規のサイトからダウンロードしてもいいんですよ!),ホームディレクトリに「gtkrc」というファイル名で保存しよう.拡張子は付かない,ただの「gtkrc」だ.
ちなみに分かると思うけど,ホームディレクトリって「ダウンロード」とか「ドキュメント」とかのフォルダがある場所ね.「ダウンロード」と「ドキュメント」と同じ階層に「gtkrc」を保存してね.
そしたらこれを,所定の場所に配置したら作業はおしまい.ここからは端末を使って作業します.

$ cd ~
$ sudo mv gtkrc /etc/gtk-2.0/
【引用】 GTK+ – ArchWiki

これでおしまい!簡単でしょ!でもこういうのって,「分かれば簡単」ということを分かる,ということが難しいんだよね笑.まぁこれで俺は何度環境が変わっても,今の状態を再現できるようになったかな?
今までは変則的な方法(Cairo-Dockというランチャーアプリの機能を応用する方法)でInkscapeとかOpenshotにダークテーマを適用してたんだけど,根本的なテーマ適用になってなかったからCairo-Dockを通してアプリを起動した時にしかダークテーマが適用されなかったんだよね.でもこれで解決!良かったーー!本当にこれをわかるのに半年くらいかかったからね笑.もっとLinuxについて勉強しなきゃ笑.

【Ubuntu】GTKテーマを全体に適用するには?” への3件のフィードバック

追加

  1. 4年も前の記事にコメント失礼いたします。
    TeXWorksの記事でテーマを拝見しまして、気に入ったので自分もやりたいと思ったのですがうまくできません。
    最後のgtk-2.0にファイルを置いてからどうすればテーマが適用されるのでしょうか
    初心者なため順をおって解説していただけると助かります。
    ubuntu16.04 LTSを使用しております。

  2. すみませんコピペではなくダウンロードしてくればできました。
    ご迷惑をおかけしました

  3. > Ubuntu初心者さん
    お役に立ててよかったです!古い記事へのコメントも見てますよ〜

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。