活断層って何よ

活断層

「極めて近き時代まで地殻運動を繰り返した断層であり、今後もなお活動するべき可能性のある断層」を特に活断層(かつだんそう、active fault)という。ここでいう「極めて近き時代」とは新生代第四紀を指す。狭義には、「過去数十万年」を指す場合もあるが、これは多くの場合、活断層の認定が断層の変位基準となる地形の形成年代に深く関わることから設定された便宜的なものであって、その曖昧さが指摘されている。
別の定義によれば、「現在の応力場の下で地震を起こし得る断層のうちで、断層面が地表まで達しているもの(地表断層)に限る。ただし、伏在断層であっても断層面の上端が地表近く(およそ1km以下の深度)まで達しているものは、何らかの方法で最近の地質時代における活動を確認することができる。したがって、この種の浅部伏在断層は活断層の範疇に含める。」とされる。
活断層では地震が過去に繰り返し発生しており、また今後も地震が発生すると考えられているため、活断層の活動度の評価は、そこを震源として発生する地震の予知に役立つと考えられている。活断層の調査は、空中写真の判読、地形分類図の作成、現地での測量や地形観察、地表踏査、トレンチ調査、弾性波探査、ボーリング調査、広域テフラの同定(鍵層)や放射年代測定(特に放射性炭素年代測定)などの方法によって行われる。調査の結果判明した活動時期及び変位量を基に、平均変位速度、地震の発生間隔、活動度(AA級からC級まで)の評価を行う。
活断層は長期間連続的に動き続けるのではない。一部の例外を除いて、ある一定の周期で瞬間的に動き、他の期間はあまり目立った活動をしないものが多い。活動周期と1回に動く大きさは、断層によって異なるが、概して、海洋プレート沈み込み地帯やトランスフォーム断層では100年前後、内陸の断層では数百年~数十万年程度の活動周期を示す。ただし、ごくまれに、常時ずるずると滑りつづけ(「安定すべり」という)、大きな地震を起こさない活断層もある。これはクリープ断層と呼ばれ、サンアンドレアス断層の一部などがそうである。

…全てWikipediaよりの引用。ニュース見て『活断層って何?』って思ったから調べてみた。ニュース見てるほとんどの国民は活断層が何なのか知ってるのかな?俺が言うのも何だけど、絶対知らないと思う。何だかよく知らないで、でも分かった気でニュース見ても意味ない。『自分はよく分かってない』ということにすら気付いてない人が大半なんじゃないかと思う。だって活断層なんて日常出てくる言葉じゃないじゃん。詳しく知ってる人は専門家か地学マニアかどっちかでしょ。
たぶん、Wikipediaの言ってることは、

活断層とは、最近も断層運動があった断層のこと。断層運動とは、力が働いて地面が割れて、そのひびに沿ってずれること。“最近”をより詳しく言うと、海の断層なら100年前後、陸の断層なら数100年~数10万年の範囲。
断層運動は地震を引き起こすことがある。

って感じ?きっと日本にある断層は陸の断層じゃなくて海の断層に分類するだろうから(日本は大陸じゃなくて島国だし)、日本にある活断層は100年前後周期で断層運動をしてるだろうね。あの、数100年~数10万年の規模よりずっと頻繁に断層運動してるってのが肝ね。100年前後に一遍動くんだから、誰もの人生においても一回だけ地震が起きるとか、そんな頻度。数10万年に一回の地震なんか(前回がいつだったかにもよるけど)まあ近いうちに起きたりはしないよね。
でもそうじゃないわけだ。100年前後に一遍なんだから。またすぐに地震があるかもしれないよな。とすると、活断層のうえに原発を置くのはやっぱり不安かな?でも地震の大きさにもよるよな。100年に一回、なんて断層運動にしたら頻繁すぎる。そんな頻繁にあるなら、大地震起こすほどの力が蓄まる前に地震があるかもしれないよな。震度が1とかそれ以下とか、限り無く何もなかったに近い地震なら原発に悪い影響もないでしょう。
でも知らないよ俺は、100年前後に一回、すごい規模の地震が起きるのかもしれないし。専門家じゃないし知らないよ。まあでも『原発が十分に耐え得る程度の地震』っていう範囲はあるだろうから、『活断層があるから即、原発稼働不可!』とはならないのかも。とかいって活断層が急に例外的に強い地震を起こさないとも限らないしねぇ。難しい。
あらゆる可能性を想定するなら、原発なんか不可能だ。適当に安全性を見積もって稼働することしかできない。だって地震対策が万全でも、急に隕石が原発に降ってきたらダメじゃん?そんなことまで考えるなら、原発なんかやれるわけない。でも、あらゆる可能性を想定するってそういうことだよね。
あらゆる可能性を想定する必要はないかもしれない。特に科学者って『これは取るに足らない』とか『これは重要』とかの区別はしっかりしてるから、不要な可能性までをわざわざ想定したりしないでしょうね。でも今、日本は大変な被害を原発から受けたばっかりだし、慎重になるほうがいいのかもね、世論的に。結果的に将来、原発で何の事故も起きなかったとしても、今のままの世論なら『安全性を結果論で語るな!たまたま事故がなかったからって調子乗んな!』ってなるのがオチじゃない?
だから俺は、科学的に十分な安全性が確かだったとしても、まだ原発は動かさないほうがいいんじゃないかと思う。そのせいで景気停滞とかあったとしてもね。もはや安全かどうかの問題というより、国民が安心して暮らせるかどうかの問題だと思うから。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。