どう使う1050円

深見東州著『強運』。いいよね、この圧倒的パワーのある語感、『強運』。こういう言葉は好きだなあ!
読んでないけど気になってる一冊だった。あんな全力で胡散臭い自己啓発みたいな本がミリオンセラーなんてねえ、誰が買ったんだろうって感じ。由来不祥の迷信を押し付けて『こうすればあなたも幸せに!』みたいなこと書いてあるんでしょ?そういうの、揚げ足取りながらツッコミを入れたいから、ちょっと気になってた(笑)
さっきちょっと調べてみたら、全く俺の予想通りの内容らしいな。前世とか守護霊とか、誰にも確かめようのないことを、さも事実であるかのように綴ってるらしい。イチローの前世はあれなんですよ、ほら似てるでしょ?みたいなね。何の根拠で言ってんだよ、俺だって同じこといえるぞ…?
そんで後半に、由来不祥の迷信を押し付けてるみたい。でも『心の底から信じ込んで行わないと効果がない』らしい。まあ心の底から信じてる人は、信じてるわけだから観測バイアスがかかってんだよね(笑)だから心の底から信じてる人の『本当に私にもツキが巡ってきました!』っていう報告には意味がないんだな(笑)
この場合は、よく知らないけど、二重検盲法的に『強運』の真実性を確かめたかったらどうしたらいいんだ?逆のバイアスのある見地から観測すればいいのか?よく分からん!笑
宗教は必要。らしい。日本人は無宗教だとかいうけど、日本的価値観っていう宗教のようなものによって支配されてると思う。だから本当の無宗教なんてのはないのかも。
でも俺は思うのです。たいていの宗教の根拠は理解しがたい。非科学的で、人を説得するには説得力がない。信じてる人にか信じられないって感じ。
でも宗教を軽視してるわけじゃないよ。むしろ興味津々だ!イスラム、ヒンドゥー、キリスト、仏教!その他少数宗教(?)!信じてる人の価値判断の根拠は、たいてい宗教からきてるからね。
なんで中東に内戦が絶えないのか?なんて理解しようと思ったらイスラム教の勉強しなきゃだめだろうね。俺は知らないけど…
なんか話逸れた。深見東州の本ね。まあなんというか、よくある新興宗教の教化本だよ、普通。あれ買う金あるなら焼き肉行ったほうが幸せになれるなぁ、俺はね(笑)1050円じゃ焼き肉は食えないかな(^ω^)

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。