【ファンアート?】うさみみハリケーンのアイコン描いた!

うさみみハリケーン.知る人ぞ知る高機能ソフト(らしい).
usamimi_fsw

バイナリエディタというもの

うさみみハリケーンというバイナリエディタがあって,主な用途はパソコンゲームのハッキング.うさみみエディタを使うと,メモリの位置を解析して特定し,そのパラメータの数値を自在に操ることができるとか.
僕はパソコンでゲームしない(というか最近ゲームしてない.マリギャラクリアしなきゃーー).だからうさみみエディタにはお世話になったこともないし,たぶんこれからもお世話になることは無いと思います笑.でも,僕はそのネーミングセンスにビビビッと来たのです.

知った途端に絵を描こうと思った

そんなケースは珍しい.「聞いた途端,読んだ途端に絵を描きたくなる文字列」なんて滅多に無い.というか僕の今までにそんな文字列があっただろうか?いや,一つくらいはあったんじゃないかと思う笑.でもとにかく,うさみみエディタの絵を描きたくなったので,描きました.
下書き
うさぎの耳が付いてる台風の雲を表現しました.ちょうど台風の目がうさぎの目を兼ねてるというダブルミーニング.もしうさぎに見えない人がいたら,お手数ですが下の画像を参照して,うさぎに見えるようになってください.あ,さすがに台風の雲には見えるよね?
IMG_20160313_140044-01

設計は少し凝ってる

うさみみハリケーンがバイナリエディタのソフトということで,何やら機械的,数学的な造形が似つかわしいと思った.だからこのデザインは少しだけ凝ってる.実は,この絵はたった3つの,数学的に単純な図形の組み合わせで描かれてる.

  1. 直径100の円
  2. その円を縦に75%に潰し,反時計回りに60度回転した楕円
  3. その楕円を15%に縮小した楕円

コンピュータのデータを覗き見る,極めて数値的なソフトウェアに相応しい,美しく整った図形です.
design
気に入ったので,SVG形式で公開します.勝手に使ってね!

<svg width=”111.08653″ height=”123.6387″ xmlns=”http://www.w3.org/2000/svg”&gt;
<defs>
<clipPath clipPathUnits=”userSpaceOnUse” id=”clipPath4153″>
<rect fill=”#1856b5″ fill-opacity=”0.357388″ stroke-opacity=”0.460481″ id=”rect4155″ width=”135.29834″ height=”124.56038″ x=”249.12076″ y=”544.09857″/>
</clipPath>
<clipPath clipPathUnits=”userSpaceOnUse” id=”clipPath4153-7″>
<rect fill=”#1856b5″ fill-opacity=”0.357388″ stroke-opacity=”0.460481″ id=”rect4155-7″ width=”135.29834″ height=”124.56038″ x=”249.12076″ y=”544.09857″/>
</clipPath>
</defs>
<metadata id=”metadata7″>image/svg+xml</metadata>
<g>
<title>background</title>
<rect fill=”none” id=”canvas_background” height=”402″ width=”582″ y=”-1″ x=”-1″/>
</g>
<g>
<title>Layer 1</title>
<g id=”layer1″>
<path fill=”#72b3d5″ stroke=”#72b3d5″ stroke-width=”1.318843″ stroke-linecap=”round” stroke-linejoin=”round” id=”path4514″ d=”m87.380859,90.987427c-16.007446,18.056152 -37.414551,26.619751 -55.598145,22.238403c-18.183716,-4.381348 -30.146973,-20.985229 -31.066162,-43.117432c-0.919067,-22.131958 9.357056,-46.144165 26.686768,-62.350708c-3.876709,10.457275 -5.041016,21.722656 -3.384155,32.745972c5.642334,-17.651855 18.451782,-32.113403 35.295898,-39.84436c-4.851685,8.151855 -7.891357,17.253662 -8.909058,26.687988c23.858398,-9.679443 46.604248,-1.126953 55.844482,20.999878c9.240112,22.126953 2.760376,52.526001 -15.910889,74.632202c1.667603,-10.746094 0.654541,-21.735474 -2.95874,-31.991943z”/>
<path fill=”#52597b” stroke=”#52597b” stroke-width=”1.318843″ stroke-linecap=”round” stroke-linejoin=”round” id=”path4516″ d=”m50.986206,62.528564c3.548218,2.048584 4.210327,7.544312 1.478882,12.275391c-2.731323,4.730957 -7.822021,6.905518 -11.370239,4.856934c-3.548218,-2.048584 -4.210327,-7.544434 -1.479004,-12.275391c2.731445,-4.731079 7.822144,-6.905518 11.370361,-4.856934z”/>
</g>
</g>
</svg>

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。